ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 初の連日参加・初日 | トップページ | 「ゲストハウス梅鉢さん」でのお話 »

2012年7月 6日 (金)

初の連日参加・二日目

どうも。
夏の暑さに早くもゲンナリしている男・にゃん太郎です。

もー。
ホント、夏、だいっきらい <(T◇T)>

さて。
今日は前回に続きまして、先日行ってきた震災復興のお手伝い・二日目を。

え~、まず。
この日は6時過ぎに起きたのですが、その前からチョコチョコと目が覚めていました。

その原因は頭痛。

はい。
風邪ではありませんね。

間違いなく、お酒のせい。

宿泊した梅鉢さんのスタッフの方々が大変優しい方々で、とことんワタシに付き合って下さった
ものですから

(* ̄A ̄*)ノ日 もう一杯!

てなことで、いくらか飲み過ぎたよう。

たしかビール350ml×3本と、グラスワイン×3杯…。
いや、×4杯かな…(汗)。

まあそんな感じですよ。

「二日酔い」と言うほどではありませんでしたが、体調不良状態であることは間違いなし。

こりゃぁ朝メシちゃんと食っとかないとマズイな…。
(梅鉢さんでセルフサービスのトーストを頂けるのですが、ガッツリ食べないと危険な予感)

というこで7時前に出発し、慣れない道路をノロノロと徘徊しながらなんとか見つけた
ファミリーレストランで和風の朝定食をしっかりと頂きました。

で。
この日の参加者は16名。
平日の参加者数としては結構多めと言えるでしょう。

前日いたお馴染みさんは全員参加。

さらに「一ヵ月ぶり」という、これまたお会いしたことがあるお二方が加わり、
「復興屋」Tシャツの花が咲きました(笑)。

さらに。

初めてです…。

と、ReRootsさんでスタッフとして頑張っている学生さんのお母さんが参戦!

しかも福岡から!!

ほとんど会話はありません ヽ( ̄ー ̄ )ノ

と笑っておっしゃっていましたが、素敵な親子関係なのでしょうねぇ。

ちなみに。
この日はもう一人福岡からの方がいましたし、前日は北海道からの方も。

本当に全国津々浦々からお見えになる方がいてビックリ。

千葉なんぞ近いもんです。

まあまあ、そんなメンバーで車に分乗し。

Img_0003  

 

 

 
 

 

 

に移動。

 

 

 

 

 
作業内容は、津波で流された民家跡地の表面の瓦礫拾いでした。

「瓦礫拾い」と言っても今の時期は雑草が生えてしまっているので
実際は草むしりと瓦礫拾いを並行して行います。

当日の天気は曇り。

気温は25℃に届かず海からの風も吹いていて、長袖Tシャツの上に半袖Tシャツを
重ね着していてちょうど良いくらいの気候。

まさに絶好の作業日和の下

今日は涼しくて楽だね~。

などと皆で言いながら横一列に並び、ヨーイドンで作業開始!(別に競争ではありません)

黙々と、そして時には和気藹々とした雰囲気の中サクサクと作業が進み…
と言いたいところなのですが、問題がありまして。

前日の雨の影響か地面が意外と湿っていたため、膝を付いて作業するのは無理。

おのずと、ずっとしゃがんだ状態で作業を続けることになるわけですが…。

いやはや。
この体勢がなかなか…、と言うか、正直かなりキツイ(笑)!

人によって「くる」場所が違ったようですが、ワタシはスネの筋肉がパンパンになってきまして、
40分に一度の休憩が待ち遠しいこと待ち遠しいこと。

それでもそんな厳しい体勢で、10時~15時過ぎまで頑張った結果…。

Img_0004  

 

 
 

 

 

作業前。

 

 

 
 

Img_0005  

 
 
 
 

 

 

作業後。

 

 

 

先の写真とほぼ同角度から撮っているので、比較して頂くとその違いが分かると思います。

どうです!?

だいぶキレイになったでしょう???

あ。
ちなみにこれは作業を依頼された敷地の半分くらいなので、写真の逆側に
ほぼ同面積の草原が残っています(笑)。

そして最後は、お決まりの分別作業。

しつこいようですが、これが結構大変でした。

あ、そうそう。
この日は我々に「ご褒美」がありました。

昼の休憩時に、以前ReRootsさんが作業をしたという農家のお宅の納屋(津波に流され新築)を
お借りしたのですが、そちらの農家さんがお土産として朝取りのレタスを一箱下さり
皆で分けて持ち帰りました。

一人暮らしなので、ワタシ食べ切れませんから。

というのがいつものワタシのパターンですが、この日は有り難く頂戴し、宿泊先の
梅鉢さんに持ち帰りました。

おかみさんが快く受け取って下さって、嬉しさ倍増となりました!

そんなこんなで、以下余談。

この日でワタシは延べ5日目の参加でしたが、今回記事にした作業が一番キツかったです。

それはやはり、しゃがんだままという体勢のせいだと思います。

しかし。
ワタシよりもかなり年上の男性陣はもちろんのこと、女性陣もへっちゃらな顔で作業をしています。

いえ、正確には。

いや~、腰にくるぅ~。

とか

これ今日は、根気の要る作業になるなぁ~。

とかおっしゃるのですよ、作業をしながら。

でもね。

ぜーんぜん。

ケラケラ笑いながら言うだけで、キツそうな顔はもちろん、素振りさえも見せないんです。

現場リーダーの

休憩にしましょぉー。

の声が聞こえると荷物が置いてある場所に皆で集まるのですが、その時も作業のキツさは誰も口にしない。

楽しい話をしながら、腰を伸ばしたり、ストレッチをしたり。

で。

じゃあ作業再開でぇーす。

の声が聞こえると

ハーイ!

という元気な返事や

おし、やりますか。

とかいう声が。

もちろん肉体的な大変さも覚悟して自発的に集まっている集団ですから、こういう雰囲気は
当然なのかもしれません。

それでもやはり、ワタシは「皆さん凄い」と思ってしまいます。

その皆さんの「凄さ」の根本にある物は何なのか?

使命感?

責任感?

うーん。( ̄~ ̄;)

それは実際皆さんに訊いてみないと分からないわけですが、ワタシの推測としては
全員が共通して持っている思いとういのは

なんとかしなきゃ

なのかなぁ、と。

毎回朝礼で当日の現場の場所と「依頼主さんがその場所を今後どのように使用したいのか」を
説明されるのですが、それを聞いて現場の状況を目の当たりにすると、ワタシは毎回
否応無しにそういう気持ちになります。

うん。

だから、理屈ではなくて、気持ちの問題なのかも??

うーーーーーーーん。

やっぱりよくわかりませんね(笑)。

まあまあ。

今、少なくともワタシ自身の中でハッキリしていることは

作業に参加することが楽しい。

尊敬すべき人達の輪にチョッピリだけ入れてもらえることが嬉しい。

ということで、それを求めて足繁く仙台に通っているワケです。

おかげで最近は「遊びに行く」感覚になってしまっています(笑)。

ま。
それはそれで良いのですが、こういう感覚になってしまうと休みを取る際に
なんとなーく後ろめたい気持ちになります。

と同時に、後ろめたくならなかった時期は「お手伝いに行く」ではなく「ボランティアに行く」という
感覚で、その行為に酔っていた…。
そして我ながら、ある意味で「上から目線」でもあったのかなあとも思います。

おっと。

また理屈っぽくなりそうなので、今日はこのあたりにしておきましょうか(笑)。

そんなこんなで。
今回もつたない文章と内容に付き合って下さった皆様、ありがとうございま~す。

次回は宿泊した「梅鉢」さんのお話を書く予定です。

…。

あまりにも熱烈なファンになってしまったので、逆に上手く伝えられるか心配です…。

あ、最後に。

自分が作業した区画だけ

      仕上がりが雑に見えるのはワタシだけ…??

« 初の連日参加・初日 | トップページ | 「ゲストハウス梅鉢さん」でのお話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/55123805

この記事へのトラックバック一覧です: 初の連日参加・二日目:

« 初の連日参加・初日 | トップページ | 「ゲストハウス梅鉢さん」でのお話 »