ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OB総会カメラマン | トップページ | 懐かしの音源 »

2012年9月12日 (水)

写真が語るもの

どうも。
今日は午後から危険物保安講習を受講する男・にゃん太郎です。

3年に一度の受講。
ついこの前、富里に行って受講した気がするんだがなあ。

3年なんぞ、アッと言うまですな。

さて。

今日はまた、復興支援がらみのお話。

あー!

このあと写真を貼るので、せめてその写真だけでも見て下さいっっっ!!!

はい。

では参ります。

まずは前回支援作業に行った際にワタシが書いた記事の一節を、ココに書き出します。。

ReRootsさんのハウスから仙台東部道路に向って走って行くと、やがて右手に田園風景が広がります。
(この東部道路が津波を堰き止め、道路を挟んで海側は津波で壊滅、逆側は被害が小さかった)

そして東部道路の側道を走る間、延々と緑の田んぼの脇を走って行くのですが、
その間ズーーーっと稲の良い香りがしていたんですね。

まあ大げさに言うと「これぞ日本の田園風景」のような感じです。

しかし。

井土に向かうために「命を分けた」東部道路をくぐると、景色は急変。

まずは田んぼの「緑色」が土の「茶色」に変わり、側溝のフタはあったりなかったりになり、
荒地の雑草を退治するために何台もブルドーザーが動き、それが土煙を上げる…。

車でスーッと走り去ると見落としてしまいがちなその現実に、戦慄が走りました。

この一節。

どうやって書いたらあの衝撃が皆さんに伝わるのか?

と非常に悩んで書きまして、結局は自分の表現力不足を情けなく思う結末になったのですが、
昨日の朝日新聞朝刊でまさにワタシが目の当たりにした場所の景色の写真が掲載されました。

その写真が

Img_0130  

 

 
 

 

こちら。

 

 

 

新聞に場所は書いてありませんが、こちら仙台南部道路と仙台東部道路の接続点・
仙台若林JCTです。

写真の真ん中を貫くのが東部道路で、上が北・下が南です。

「東部道路の側道を走る間、延々と緑の田んぼの脇を走って行くのですが」

は、この東部道路の緑色側を写真上から下に向かって走ってきて、

井土に向かうために「命を分けた」東部道路をくぐると、景色は急変。

で、茶色側へ移ったわけです。

ご覧頂いてお分かりになるように「命(津波)を分けた道路」に西側はキレイな田園風景で、
津波で壊滅的な打撃を受けた東側は対照的にほぼ「色」がありません。

この景色が仙台東部道路沿いの南北に果てしなく続いているのです。

ワタシは感覚的、体験的にこの状況をはわかっていたわけですが、こうして俯瞰写真で
見せられると改めて衝撃を覚えずにはいられません。

今年の夏休みに仙台に観光に訪れた方々のほとんどは、おそらく震災の影響など
微塵も感じることはなかったことと思います。

しかし現実には、仙台駅からバスでたかだか30分の場所はこういう状況です。
(正確にはこのJCTまでは30分では来ません。仙台駅から最寄の東部道路という広義です。)

観光に訪れた人達の中の仙台と、ワタシの中の仙台。

どちらも同じ仙台で、どちらも今の仙台です。

それを思うと、改めて復興対策の難しさを感じます。

とりあえず。
今の自分にできることは、茶色が緑色に変わるために微力を尽くすこと。

来年の今頃は、もっと緑色が増えているように頑張ります。

« OB総会カメラマン | トップページ | 懐かしの音源 »

コメント

旅人さん>
おはようございます!
胸を張って言いますが、仕事はまるで頑張っていませんっ!!!

ジョニーさん>
おはようございます!
様々な問題に対して一人一人が無力だとは思いませんが、一般人にできることは極めて限られてしまいますよね。
自分にできることは何かをよく考えて生きなければ(^-^;

どういう経由で書くことになったんすか
その朝日新聞さんが
ここをのぞいていたら
オイラ これから恥ずかしくてコメントできないじゃん!
まぁたぶん ラジオだよね 
写真がのってるんだって~と聞いたもんだから
てっきり 写真で ライターはべつにいるんだとおもってたぞ

そうだねぇ
うん
y24さんのさすがのコメント
ぐっときた
オイラもそう思う
ただ情報が
広まっていくのはいいよね

日本の もしくは世界の全員の力で
少しずつ ちょっとずつ 復興が
または
世界の厳しい現状が
よくなっていけるといいな
と ちと 思った
いつものように ほのぼのとにゃんさんらしくで!


こんにちは。
相変わらず、お元気そうで 仕事も
プライベートも全力で頑張っているご様子。
でも、自分の身体も大切に、無理しないように
頑張って下さい、まだまだ暑いですからね。

y24さん>
え?
え~??
えー!?
えーーーっΣ(゚д゚;)
ソウデスカ???
そう言われると、なんか責任を感じますね…。
たいふーんは大丈夫でしょうか?

上からとった写真よりも地べたで活動しているにゃん氏のブログのほうがずっと真実や現実を写していると感じました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/55636856

この記事へのトラックバック一覧です: 写真が語るもの:

« OB総会カメラマン | トップページ | 懐かしの音源 »