ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« せきぐちゆきさん新譜情報 | トップページ | 仙台二日目 »

2013年7月 4日 (木)

行ってきました仙台初日

どうも。
明日からの日常生活を思うと憂鬱な気分になる男・にゃん太郎です。

と、言いますのも。
今月1日~から昨日、二泊三日で仙台に行ってきましてね。

過ごした時間があまりにも充実しすぎていて、色々な思いが渦巻いているわけです。

と言うことで、今日からは仙台で過ごした三日間のお話を複数回に分けてご報告。

今回はその初回です。

まずは初日。
いつも通り2時過ぎに出発しまして荒浜観音経由でReRootsさん入り。

この日は大阪府立千里高校の皆さんが大人数でいらしていましたが、
ワタシのような一般の参加者は7名。

で。
大きな現場は若い力にお任せしまして、我々一般の参加者は地域でもかなり大きな農家さんの
ビニールハウスの解体作業を行いました。

ReRootsさんのブログで解体作業の報告や組み立て作業の報告は何度も目にしていましたが
自身で体験するのは初めてだったワタシ。

こういう作業はガレキ拾いと違ってある程度の手順が決まっているため、
ワタシのような未経験の人間は何から手を付けて良いのかわかりません。

故にワタシはベテランさんの指示を受けながらの作業になりました。

あ?
ビニールハウス、皆さんご存知だと思いますけど、念のためにご案内しますとこういうヤツです。

そう。
これの解体です。

まずは周りのビニールを剥がしてから骨組みを解体するのですが、当然ながらビニールも
何枚もに分かれていまして、ものすごくザックリ言いますと、周りのビニールを剥がしてから
天上部分のビニールを剥がすようになります。

このビニール、どう固定されているかと言いますと…。

うまく伝わるかわかりませんが、上下に溝がある鉄製の骨組みにビニールを被せて
そのビニールの上から波状になった針金を当てて骨組みの溝に針金をはめ込んで
ビニールを固定してます。

なので、まずはこの針金を外すのが最初の作業だったのですが、この作業がもっとも
気を使う作業でもありました。

というのも。
針金はかなりガッチリと溝に食い込んでいまして(強風に耐えるためなので当然ですが)、
力任せにこれを外そうとすると針金と溝に挟まているビニールが破れてしまいます。
(写真を撮れば良かったのですがそういう時間がありませんでした)

「解体」と言っても先にリンクを貼ったような大きなビニールハウスは通常は何度も
再利用するのでビニールの損傷は致命傷なのです。

     ちなみにビニールハウス一棟の値段は約35万円。
     そのうちのビニールが占める割合はかなり高いとのことでした。

そんなわけなので細心の注意を払ったつもりでしたが…。

申し訳ありません。
少し破れてしまいました(T_T)

剥がしたビニールは端からクルクルと丸めてしまうのですが、一枚ずつが大きいので
女性が運ぶのは困難なくらいの結構な重さになりました。

後は、沢山の金具で接続されている骨組みの解体。

男性陣四人が骨組みをバラし、女性陣三人がその骨組みを紐で束ねていくという
連係プレイで作業は順調に進行し、13時半過ぎには解体作業は終了しました。

…が。
骨組みを固定してあったたくさんの金具の仕分け作業が結構大変でして、
すべての作業が終了したのは14時過ぎでした。

さてさて。
話は作業内容から少し離れますが、この日は依頼主の農家さんから差し入れを頂きました。

ええ。
取れたてのトマトとトウモロコシ。

トマトはもちろん、生のまま丸ごとガブリ。

水分たっぷりでみずみずしく、鮮度が良いが上の青臭さ!!

最高に美味しかったです!!!

女性陣はお代わりしてましたからね(笑)。

しかも大阪から参加の若いお二人は

ほれ、もって帰れ~。

と言われて、スーパーの袋半分くらい持たされてましたから。

あれ飛行機、ちゃんと手荷物で入ったかなあ…。

そしてトウモロコシ。

なんと!
こちらも少し、生で頂きました!!!

隣りが畑という環境で育ったワタシも、トウモロコシの生は初めて。

たしか「スイートコーン(ハニーコーンか?)」という品種でしたが、信じられないくらい甘い!!

その他にも茹でたものも頂き、もうお腹いっぱいでした

農家さん、本当にごちそうさまでした!

そんなこんなで、この日ボランティアハウスに戻ったのは14時半前。

予想外に早く終わり、宿泊先の「ゲストハウス梅鉢」さんに行くにはチト早い…。

と、いうことで。

チョイと国宝・大崎八幡宮へ足を運んでみました。

「国宝だ」という知識以外なにも持たずに

Img_0024_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のまま駐車場に降り立ったワタシ。

その駐車場に車がわずか三台という閑散とした雰囲気の中

Img_0174 

 

 

 

 

 

 

 

鳥居をくぐり静寂の中を歩いていくと、

Img_0176_2

 

 

 

 

 

 

 

いきなり社殿の脇出るという…。

つまり、駐車場は裏口にあるわけですね。

仕方ないのでまずは参拝をし、その後に表参道を下る形に。

長床をくぐり

Img_0178

 

 

 

 

 

 

 

全景を見て

Img_0179

 

 

 

 

 

 

 

輪っかへ。

Img_0180

 

 

 

 

 

 

 

この輪っかは

…。

なんか、潜って無病息災を祈るそうです(笑)。

境内もあまり大きくないので参拝はすぐ終了しまして、一路、久々の梅鉢さんへ。

が、これはまた別の記事にしましょうかね。

最後に。

昨年の今頃は仙台東部道路を挟み東西で

Img_0130

 

 

 

 

 

 

 

こういう違いがあったのですが、今年は「茶色い部分」にもだいぶ緑が増えまして

昨年12月に土壌改良をしていたこの場所も

Img_0008

 

 

 

 

 

 

 

作物が植わり、緑色になっていました。

Img_0170 

 

 

 

 

 

 

 

本当に少しずつですが、前に進んでいることは実感できます。

しかしその一方で、海の目の前は当時の様子が色濃く残ったまま。

Img_0169

 

 

 

 

 

 

 

その状況を二日目の活動で体感するわけですが、それはまた次回のお話に。

« せきぐちゆきさん新譜情報 | トップページ | 仙台二日目 »

コメント

ジョニーさん>
どうも!
ワタシはいままでビニールハウスの値段など考えたこともありませんでした。
あちらに行く度、いまだに貴重な経験と驚きの連続です。
本当にありがたいことだと思います(*^-^)

ビニールハウスて
35万もするんだーっ

ほらほらよく
水害でビニールハウスがめちゃめちゃになっていたりする
そういった映像ありますよね

そーかー35万

やはりこれからニュースは
これはいくらですて
35万のビニールハウスがーて
価格いわにゃいかんなー
大変ですだけじゃイカンな

トウモロコシは生は美味しいそうですなー
いいなー

トマトを手荷物で持たれる二人
なかなか乙です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/57722192

この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきました仙台初日:

« せきぐちゆきさん新譜情報 | トップページ | 仙台二日目 »