ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 区切りの旅 | トップページ | しじゅーし »

2014年5月 3日 (土)

「お茶プレッソ」写真付き解説

どうも。
大型連休や家族サービスにまったく無縁な男・にゃん太郎です。

さてさて。

今日は久々に、ゆる~い感じで。

先日「お茶っプレッソ」なる緑茶を入れる機械を買ってみたので、写真入でその使用方法と感想をば。

まず、この機械について簡単にご説明しますと。

イメージとしてはコーヒーのバリスタ、それの緑茶版だと思って下さい

ただし。
コーヒーは粉末が市販されていますが、緑茶はご存知のとおり通常は茶葉でしか売っていません。

その茶葉をそのまま使用してお茶を入れるだけなら急須で充分なわけですが、
それではつまらないから茶葉を粉末にして抹茶風にして飲んでやろうというのが
この機械です。

そんな機械の外観はこちら。

Img_0085_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付けられているパーツを外しますと

お茶を挽く茶臼部分と

Img_0088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったお茶が注がれる部分

Img_0087

 

 

 

 

 

 

 

に分かれます。

裏面はこんな感じで

Img_0091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水を入れる部分が外れます。

Img_0089_2

 

 

 

 

 

 

 

で。

お茶を作る工程を説明しますと。

まずは茶臼の部分で茶葉を粉末にします。

茶臼機の蓋を取って茶葉を投入し

Img_0093

 

 

 

 

 

 

 

「挽く」のボタンを押してスタート。

Img_0094

 

 

 

 

 

 

 

すると茶臼機の白い部分グリグリと動き出します。
(白い部分の中心あたりに緑の線が入っていますが、ここで茶葉を擦り潰しています)

Img_0095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用する茶葉の量によりますが、一杯分ならば2分弱くらいで作業終了。

下の受け皿を外してみると…

Img_0096

 

 

 

 

 

 

 

はい、粉茶(抹茶)のできあがり。

Img_0097

 

 

 

 

 

 

 

ここまでが第一段階。

続いてこの出来上がった粉末を、お茶が出来る器に直接投入します。

Img_0100_2

 

 

 

 

 

 

 

ええ。
しくじると、写真のように粉が飛び散ります(笑)。

そして「茶」ボタンでスタート。

Img_0101

 

 

 

 

 

 

 

するとまずは背面のタンクの水が減り始め、急速に沸かされたお湯が抹茶を投入した
容器に注入されます(音しか聞こえませんが)。

その後ブイーンという音が聞こえ始めるのですが、これはどうやら容器の中にある
掻き混ぜる部分で(容器内向かって左部分)

Img_0098

 

 

 

 

 

 

 

お湯に粉を溶かしこんでいる音のようです。

一杯分なら、これまた待つこと2分弱でしょうか?

出来上がりを知らせるアラームが鳴ったら、レバーを下ろして湯飲みにジャーっと。

Img_0103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、完成!

と、いう感じです。

以下、使用した率直な感想ですが。

まずは言い点を挙げると、当然の事ながら味や風味は急須で入れたお茶よりも断然良いです。

使用する茶葉の量を調整することで薄いお茶から抹茶のような泡だったお茶まで楽しめますし、
茶葉を挽いて溶かすことでお茶の葉に含まれている栄養分をすべて体に取り入れることが出来ます。

そして当たり前ですが、お茶ガラが出ません。
(お茶ガラを有効利用されている方もいるでしょうが)

続いて残念な点を。

初めに「緑茶のバリスタ版」と説明したのですが、バリスタよりも手間も時間も掛かります。

ハッキリ言って、急須で入れた方が楽チンです。

そして意外に大変なのが…。

私の取り扱いが未熟なこともあるのでしょうが、とにかく粉が飛び散りやすいです。

これはもう細かい粉を扱うので仕方が無いのでしょうが、先の写真で紹介したような時だけでなく、

抹茶の受け皿を出し入れする時や

Img_0105

 

 

 

 

 

 

 

掃除のために茶臼を外した時など…

Img_0106_2

 

 

 

 

 

 

 

 
濡れ布巾や掃除機のようなものを手元に準備しておいた方が良いかもしれません。
(下の写真は使用後に下皿を外した際のもの)

Img_0107

 

 

 

 

 

 

 

以上のことから考えますと。

時間と手間をかけてでも美味しいお茶を飲みたい人や、たまには美味しいお茶を飲みたい人にはお勧めです。

出来上がったお茶は保温も出来ませんし、手軽にサッと飲みたい方は急須の方が便利でしょう。

価格は25,000円くらい。

高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれでしょうが、私としては少々高めだと思いました。

« 区切りの旅 | トップページ | しじゅーし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/59573353

この記事へのトラックバック一覧です: 「お茶プレッソ」写真付き解説:

« 区切りの旅 | トップページ | しじゅーし »