ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 特訓の成果 | トップページ | 街並みに歴史あり »

2014年9月15日 (月)

半年ぶりに仙台で

どうも。

右腿裏が筋肉痛の男・にゃん太郎です。

何故かといいますと、三月以来の復興のお手伝いを昨日してきたからです。

ということで、今日はそのお話。

さて。

基本的にReRootsさんの「復旧作業」は今年の三月に終息しました。

しかし突発的に作業依頼が入ることがあるそうで、そういう時には土日に現場に入る
という状況になっています。

今回はそのお手伝いをさせて頂きました。

昨日は「ひまわりプロジェクト」もありそちらの参加者が5・6人と、復旧活動の団体さんが
10人くらい。
そしてワタシを含む一般の参加者が4人でした。

団体さんは別の現場に入ったので、ワタシの現場は一般の4人とReRootsさんスタッフ1人の
計5人。

作業内容は、これから営農を再開しようという場所の草むしりでした。

休憩の度にザっと雨が降るという少々不安定な天気でしたが、現場の土が柔らかかったので
深く根を張った雑草も軽くスコップを入れるだけで意外に簡単に処理することができました。

この「軽くスコップを入れる」ことで現在筋肉痛になっているわけですが、以前も月に一度の
ペースという決して多くの参加ではなかったのにこんなことはありませんでした。

おそらくその頃は無意識にコツを掴んでいたのでしょうね…。

まあまあ、そんなことはさておきまして。

残念ながら少し時間が足りず作業を仕上げることはできませんでしたが、少ない人数なりに
よく進んだと思います。

…。

写真を撮り忘れている辺りが、衰えを感じさせますね(笑)。

さてさて。

今年度になってから初めてReRootsさんにお伺いしたわけですがね。

もう、すっかり知ったお顔のスタッフさんがいなくなりました。

昨日現場リーダーをして下さったスタッフさんは大学一年生で、ReRootsさんでは四期生。

昨日はその他にもたくさんのスタッフさんがいらしていましたが、みーんな知らない顔でした。

それもそのはず。

ReRootsさんは基本的に現場に出るのは一・二年生なのです。

つまり、です。

今年度初の活動となったワタシは当然一年生は初対面ですし、前回まで平日参加
だったワタシはただでさえ学生スタッフの方とお会いする機会が少なく、同一の曜日が
多かったためにいつも同じ学生さん(当時二年生)としか一緒にならなかったのです。

だから何?

ってなわけですが、一言で表現するなら。

被災地の時は流れているんだなあ

と。

いや、なんと言うか、隔世の感がありますね。

実は、これ以外にも時の流れを感じた出来事がありまして。

昨日リーダーをして下さったスタッフさんにですね。
ええ、先に書いたように大学一年生の。

神奈川のご出身とのことだったんで、チョット訊いてみたんですよ。

震災当日は何してたの?

と。

あの時は中学三年だったんですけど…。

と言われて、ひっくり返りましたよ(笑)。

震災発生からしばらく経った頃、中学校の卒業式直後の子供たちが被災した瞬間の映像を
かなりの数目にしましたが、まさにその年代の子供(今は立派な大人ですが)が
復旧作業の現場で指揮を取っているというね。

もうほんと、中三から大学入学なんて一番人が成長していく時間じゃないですか?

それだけの物理的な時間、そして重要な時間が「あの時」から流れているという。

それでもまだ「復旧」さえ済んでいない被災者の方がいるというこの現実。

そして報道でしか知らない、報道されてもいない他の被災地で苦しむ方々や、いまだに
仮設住宅で暮らす方々。

そういう方々が、いつになったら笑顔を取り戻せるのかと…。

今まで以上に色々と考えさせられる一日でした。

とはいえ、もちろん明るい話題もあるわけでしてね。

ほらね。

Img_0163

 

 

 

 

 

 

 

写真の奥に見える歯抜けの松林は海岸線(空が広くて青いですね)。

ということは、写っている稲の海は「被災した田圃」なのです。

若林区の田圃は何日も海水漬けになり、瀕死の状態になったわけですが。

行政、ボランティア、そしてなにより農家さんの努力と不屈の魂で、こんなに立派に
稲が育つようになりました。

うん。

Img_0157

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ稲刈りですね。

次に仙台に行くのはいつになるかわかりません。

しかし、今回のような突発的なお手伝いもできる限り参加したいと思っています。

定期的な作業ではなくなったことで正直参加者の人数は激減していますが、
少しでも力ないなれればと思いますし、関東の人間でも被災地に想いを馳せている
人間がいるということを発信できたらいいなと思います。

頑張りましょう!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昨日は仙台駅前の東横インに宿泊したのですが、足が遠のく前にきちんとご挨拶
できなかったゲストハウス梅鉢にご挨拶に伺いました。

あいにくオーナーさんも女将さんもお留守で目的は達成できませんでしたが、
利用した仙石線で石ノ森章太郎号に乗ることができてうれしかったです。

ワタシが乗った車両は

2014091417070000

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダー。

一つ後ろの車両は

2014091417160000

 

 

 

 

 

 

 

009でした。

…ちょっと見づらいですね。

« 特訓の成果 | トップページ | 街並みに歴史あり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/60318719

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりに仙台で:

« 特訓の成果 | トップページ | 街並みに歴史あり »