ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« リオデジャネイロオリンピック終了 | トップページ | 悲喜交々 »

2016年10月 9日 (日)

坂道へ、進む。

どうも。

世間の同年代の方々とは違う道をどんどん進んでいる男・にゃん太郎です。

はい、もうダメです。

良くも悪くも、ワタシはワタシのやりたいようにやることに決めました。

もちろん、世間様に迷惑は絶対にかけません。

とゆーことで。

先ほど、人生初の「握手会」から帰宅致しました!!

今日はそのお話。

本日ワタシが参加してきましたのは

欅坂46の2ndシングル「世界には愛しかない」個別握手会 於:幕張メッセであります。
(↑一応「欅坂カラー」の緑)

えーと。

握手会には全国握手会(全握)と個別握手会(個握)というのがあるのですが、
今回ワタシが参加したのは予め握手するメンバーを決めてCDを購入する
個握。

握手会の詳しい説明は最後にするとして、まずは今の率直なテンションを。

ワタシが今日…、と言いますか、記念すべき人生初の握手会を捧げたのは
織田奈那さん。

感想は。

めっちゃ緊張したー!

そして。

オダナナ、めっちゃキレイだったーーーーーーっっっ!!!

織田奈那さんは現在はどちらかと言うとバラエティー班的な存在になっていまして、
正直なところテレビで拝見していても「すごい美人」といったように思っていなかったのですが、
本当にごめんなさい。

破壊力抜群の正統派美人さんでした。

あの美しさがなぜテレビから伝ってこないのか、謎。

くどいようですが、本当にキレイでした。

さて、少し気持ちも落ち着いたので。

今回は初体験ということでまったく様子がわからないため、会場の幕張メッセ
にはかなり早めに到着しました。

道路を挟んだ向かいにある千葉マリンフィールドは高校野球観戦で行き慣れており、云わば「ホーム」。

しかし握手会はもちろんのこと幕張メッセ自体も初めて今日は、完全に「アウェー」。

そんなわけで、家を出る際からかなり緊張していました。

入場開始時間まで列を作るファンの方々を遠ーーーくから眺めていたのですが、
先日観劇に行ったAKBの舞台のファン層よりも明らかに平均年齢が低く、
この時点でかなり尻込み。

が、しかし。
ここまできて引き下がるわけにはいかず、勇気を出して入場しました。

入場の時に持ち物検査があるのですが、予想以上の厳しさにビックリしました。

カバンの中の物はすべて机の上に出させれ、さらにカバンが空なことをチェック。

持参していた傘は、開いて傘の中に危険な物が隠されていないかまで確認されました。

そして最後に金属探知機によるボディーチェック。

さらにメンバーとの握手前には荷物はすべて机の上に置かされ、手を開いて
裏表を係員に見せて何も持っていないことをアピール。

そしてようやく、お目当てのメンバーとご対面をなるのです。

どれもこれも以前発生した事件の対策なのでしょうね。

はい。
それではココで、厳しいセキュリティー後の握手時を再現致しましょう。

ワタシ) はじめまして。 (A;´・ω・)アセアセ

織田さん) あ、はじめまして! (*^-^)

ワ) 人生初の握手会で、織田さんに会いに来ました。

織) ほんとにー!? o(*^▽^*)o

ワ) はい。 (=◇=;)

係り員・通称「剥がし」) お時間でーす(グリグリと剥がしかかる)。

ワ) 様子がわかったのでまた来まーす。

係) お時間でーす(結構な勢いでグリグリ剥がしにかかる)。

織) バイバーイ! \(^o^)/

ワ) (ブースから出てきた自分がニヤニヤしていることに気づき、ハッとする)

以上、初握手会終了(笑)!!

この内容でお分かりのように、ホントにアッという間に終了です。

ま。
慣れてきてもっと話したいということになると、同じCDを何枚も買って握手券を揃える
ということになるわけですね。

あ。
ちなみに握手券はこんな感じです。

Img_0504

こうしてワタシの初握手会はアッという間に幕を閉じ、会場では色々見て回った
つもりだったのに周りの景色をほとんど覚えていません。

その場の雰囲気に呑まれていたのですね。

今日で様子はわかったので、次に行く時にはもう少し楽しみたいと思います。

ん?
また行くの?ワタシ(笑)。

とにもかくにも。

織田奈那さん、今日は有難うございました!

本当にわずかな時間でしたが、理屈ではなく楽しかったです。

ブースに入る前はガチガチに緊張していたワタシが、出た時にはニヤニ…、
いやいやニコニコしいたのですからね。

間違いなく織田さんに癒されました!

あ、では最後に二つ。

こちら出口から撮った会場の様子。

20161009_101933_2

右手の仕切りの中にメンバーが居て、握手しています。

そしてそして。
あえて、デビューシングル「サイレントマジョリティー」の動画を。
個人的に、2ndよりこちらの方が好きなので。

騙されたと思って一回見てみて下さい、カッコいいので。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

握手会には全国握手会(全握)と個別握手会(個握)がありまして。

全握はCDショップ等で発売されるシングルの初回限定版を購入すると参加券が付いています。
会場では一つのレーンに何人かのメンバーが待機していて、極めて短い
時間(一声かけるのがやっと程度)そのレーンにいる全メンバーと握手できます。

個握は専用のサイトでCDを購入し、その際に「誰とどの会場で何時頃握手するか」を
決めて参加券を入手します。
会場では一つのレーンに一人のメンバーしかおらず、二言三言の会話が可能。
握手券をたくさん手に入れる(CDを何枚も買う)ことで握手の時間を延ばすこともできます。

« リオデジャネイロオリンピック終了 | トップページ | 悲喜交々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/64321117

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道へ、進む。:

« リオデジャネイロオリンピック終了 | トップページ | 悲喜交々 »