ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 今年もこの季節 | トップページ | それぞれの思い »

2017年8月16日 (水)

昔話

どうも。

このまま夏が終っちゃわないかな~、と思っている男・にゃん太郎です。

日照不足に低い気温、農家の皆さんはお困りでしょうね…。

さて。

最近のCMで思い出した、昔の感動をつらつらと…。

まず、こちらのCMを(やがて見られなくなるでしょうが)。

これね。

初めて見た時はよそ見をしていたのですが、この音楽が聞こえた瞬間に鳥肌が立ちました。

もうですね。

ドラゴンクエストシリーズではⅢが最高傑作だと信じて疑わないワタシ。

プレイの回数は両手では足りないでしょう。

初めてプレイした時の衝撃は忘れられません。

今となっては安っぽい電子音ですが、洗練されたBGMの楽曲(後にオーケストラ版を聞き込む)。

すべての仲間に名前を付けられ、職業の選択、転職できるという衝撃のシステム。

「復活の呪文」から開放され、教会でセーブできるという画期的な変革。

ガイアの剣を火口投げ入れ、噴火からの道が出来るというシーン。

「下の世界」、Ⅰの世界への繋がり(BGMがⅠになるのも良かった)。

ゾーマの毒々しいほどのカラフルな色調(当時はもの凄い色の数に思えた)。

「いてつくはどう」という、ゾーマの恐怖の攻撃の導入。

…。

とまあ、驚きや感激を挙げだしたら本当にキリがないのですが。

ワタシにとってのこの作品最高の感動は、実は最後に待っていました。

そう。

エンドロール。

ゲームの中での数々の思い出や、仲間達と共に訪ねた城や街に挨拶に回る光景を
見せた後に、その画を横に寄せてスタッフの名前が出るという心憎い演出。

当時ワタシは大学生でしたが、この演出の素晴らしさに感情移入してしまい、泣きました(笑)。

戦闘シーンがまだ静止画だった時代ですが、初代ファミコン世代のワタシには色々な意味で
「信じられないゲーム」でした。

それが今では、スマートフォンでプレイできてしまうのですから、技術の進歩というのは
すごいものですね。

ただ。

何年か前に入院した時にスマホでプレイしてみたのですが「やはりある程度大きな画面で
やりたいなあ」と思いました。

画面の動きは少ないとはいえ、今一つ迫力に欠ける感じが。

とまあ、中身もオチも無い話をしてみたのですが。

やはり一番「時代」を感じるのは、先のCMでしょうね。

ゾーマが街を襲うという映像を、違和感の無い品質で作れるのですから。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

CMで流れる「決戦」の音楽をバックに初めてゾーマを見た時の

こいつかーーーーっっっ!!!! (`m´#)

という血が沸騰するような感覚、今も忘れられません。

…。

ま。

全滅させられましたけどね、ヤツに…。

« 今年もこの季節 | トップページ | それぞれの思い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138568/65669693

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話:

« 今年もこの季節 | トップページ | それぞれの思い »