ご訪問ありがとうございます!


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 | トップページ | 日記的メモで裁判員の日々を振り返る~裁判員裁判-8 »

2019年3月 7日 (木)

裁判官というオシゴト~裁判員裁判-7

去る2019年2月から3月にかけての延べ10日間、裁判員として活動しました。

裁判員に選ばれてから裁判が終わるまでの流れや、裁判員を経験して感じたこと、また裁判官の方から
聞いた小ネタなどを数回に分けて自分用の記録として書き留めておくことにします。

ワタシ自身がそうであったように、自分が突然裁判員になることが決まり不安を感じている方、
また「裁判員とはどんな感じなんだろう」と思われている方などがこの記事にたどり着くことが
あるようでしたら、それはまた光栄なことだと感じます。

ただし。

ワタシの記憶違いなどにより細かな部分で若干の誤りなどがある可能性がありますので、
あくまでも参考程度にしていただくよう、お願いいたします。

なお裁判員裁判は一つのチームとして活動を行い、裁判官3名・裁判員6名(必要に応じじて補充裁判員数名)で構成されています。

いままで硬めの話が多かったので、今日は少し趣向を変えてみます。

今回裁判員を経験したおかげで、自分がお世話になることなど想像したこともなかった裁判官の方々(お三方)と
話をするという機会に恵まれました。

その皆さんが、休憩中の雑談においてワタシの幼稚な疑問にお付き合いして下さったので
ほんの少しだけそのお話を。

「裁判官」という職業には、まったく無縁であったワタシ。

今まで考えたこともありませんでしたが、皆さん国家公務員。

全国転勤が基本だそうで、三年に一度必ず転勤になるそうです(例外はあるでしょうが)。

そして今回のように裁判官三人でチームを組む時には、一年間は同じメンバー。

年度ごとにチームが変わるということで、今回ワタシがお世話になったお三方が一緒に活動するのは
この裁判が最後とのことでした。

休日の過ごし方などは皆さんそれぞれのようですが、裁判官の方が海外旅行に行く際には
届けが必要なのだそうです。

ご本人たちにその理由をお尋ねしたのですが「国家公務員だからですかね?」という感じで
ハッキリした応えは返ってきませんでした。

言えない理由があるという感じではなく、あまり深く考えたことがなさそうな印象でしたが、
あちらは表情や感情を表に出さないオシゴト。

ひょっとしたら、テクニックでごまかされたのかもしれません。

少し意地悪な質問かと思いましたが

やりづらかった裁判はありますか?

とお尋ねしたところ

過去の裁判で一緒だった裁判員の方が傍聴席に居ることに気づいてしまった時。

と、裁判官三年目の方が答えて下さいました。

ご本人の話し方のを見る限り、かなりやりづらかったようです。

「裁判官がその人なのを知って、わざわざ傍聴に来たのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、
傍聴席の入り口に貼り出されるのは裁判長の名前だけ(事件名・被告人名もわかりますが)。

第二・第三裁判官が誰なのかを知ったうえで傍聴するのは、一般的には無理と思われます。

ところで、「やりづらい」とは少し違う話なのですが。

裁判が進んで行く過程で裁判官本人が「公平な裁判ができない」と感じた時には、交代してもらうことができるそうです。

例えばですが「証人として出廷して来た人が知り合いだった」とか。

証人の名前は事前にわかりますが、結婚して苗字が変っていれば顔を見るまでわかりませんよね?

まあまずそんなことは起きないのでしょうが、色々なケースについて考えられているんですね。

前出の裁判官三年生のお話の中で最も驚いたのは「初めての裁判はぶっつけ本番」ということ。

裁判官も、いわゆる「仕事」。

一般企業と同じように、新入社員研修のようなモノがあるそうです。

ワタシとしてはその研修期間に補充裁判員的な感じで法廷で実戦を勉強するのかと思ったのですが
「学生時代などに傍聴する程度」とのことでした。

つまり、知識面を除けば裁判員と同じ状態で初めての裁判に臨むということです。

初めての裁判では何を質問すれば良いのかわからなかった。

という趣旨のお話をしていましたが、それはまあそうでしょう。

ワタシも実感として、よくわかります。

そんな裁判官の方々。

裁判員裁判になると私達「素人」の相手をせねばならず、さぞかし大変なことと思います。

ワタシがお世話になった皆さんは私達裁判員が恐縮するほど低姿勢でして、こちらがもう
申し訳なくなってしまうほどでした。

本来の仕事でない雑務、例えば私達の翌日の弁当の希望を確認したり、移動の時の
扉の開閉をしてくれたり…。

中には「こんなことするために裁判官になったんじゃないのに」と思う方もいるのでないかと。

それだけでなく、裁判員のメンバーが変わる度に同じような質問をされるでしょうし、
評議の時にワタシのようなトンチンカンな発言をする人もいますし。

ひょっとしたら、裁判員同士が険悪な関係になることもあるかもしれませんし…。

裁判員裁判制度が始まって10年。

それまでのことはまったくわかりませんが、この10年で実務面以外での裁判官の負担は
増えたのではないかと想像します。

さて、ダラダラと書いてきましたが。

今回ご一緒させて頂いた三名の裁判官の方々、皆さん本当に素敵な人でした。

変な言い方かもしれませんが

裁判官も同じ人間なんだな。

と感じました。

一般的に考えると、この先ワタシが裁判官と接することがあるとすればそこはやはり法廷という場。

裁判員として以外でその場に立つようになるつもりはありませんが、もし仮にそうなった時は
今回お世話になったお三方の誰かに裁いていただきたいです。

もちろん、裁判官を選ぶことはできないわけですけれども。

最後になりますが。

この度お世話になった裁判官の皆様、本当にありがとうございます。

心より御礼申し上げます。

« 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 | トップページ | 日記的メモで裁判員の日々を振り返る~裁判員裁判-8 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官というオシゴト~裁判員裁判-7:

« 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 | トップページ | 日記的メモで裁判員の日々を振り返る~裁判員裁判-8 »