ご訪問ありがとうございます!


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 | トップページ | 裁判官というオシゴト~裁判員裁判-7 »

2019年3月 7日 (木)

裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6

去る2019年2月から3月にかけての延べ10日間、裁判員として活動しました。

裁判員に選ばれてから裁判が終わるまでの流れや、裁判員を経験して感じたこと、また裁判官の方から
聞いた小ネタなどを数回に分けて自分用の記録として書き留めておくことにします。

ワタシ自身がそうであったように、自分が突然裁判員になることが決まり不安を感じている方、
また「裁判員とはどんな感じなんだろう」と思われている方などがこの記事にたどり着くことが
あるようでしたら、それはまた光栄なことだと感じます。

ただし。

ワタシの記憶違いなどにより細かな部分で若干の誤りなどがある可能性がありますので、
あくまでも参考程度にしていただくよう、お願いいたします。

なお裁判員裁判は一つのチームとして活動を行い、裁判官3名・裁判員6名(必要に応じじて補充裁判員数名)で構成されています。

まず初めに。

裁判員裁判は一つのチーム、裁判官・裁判員などの立場は関係ない。

とは、ワタシがお世話になった裁判長のお言葉です。

最初にこの言葉を聞いた時には「いやいや、そうは言っても」と思いましたが、今はこの言葉の
意味が良くわかります。

自分の意見はもちろん、不安なども包み隠さず話すことが「良い結果」に繋がります。

ワタシがご一緒した裁判官の方々は、自分が判断するにあたりいま何について迷っているのかを
率直に話して下さいました。

また先の記事でもご紹介したように、裁判が始まるとメモを取るのは必須となります。

しかし、膨大な量になる証言や証拠を全部記録しようとすることはありません。
(もちろん可能な限り記録した方が良いですが)

現実的にそれは無理ですし、自分が聞き落してしまったことやまったく聞いた覚えがないような
ことも、他の誰かが必ずフォローしてくれています。

かと言って「誰かをフォローしよう」などと無理をする必要もありません。

正しいかどうかはわかりませんが、裁判員裁判を経験したワタシの結論は

自分ができる範囲で、精一杯やれば良い。

です。

以下に書くことは、これから裁判員を経験される方が「精一杯」の中で、より良い結果を
出すにはこうしたら良いのではないかというワタシなりの考えです。

正解かどうかはわかりませんので、そこはご了承下さい。

①毎回冒頭陳述メモの「争点」や「着眼点」などのポイントを確認する
 第一回公判の最初に行われる冒頭陳述時には、おそらくプリントが配られます。
 ワタシの時にはそのプリントを「冒頭陳述メモ」と呼んでいましたが、その中には担当する裁判の
 「争点」や「着眼点」などが端的に記載されている部分がありました。
 法廷に出る日の朝はもちろんのこと、短い休憩中にもそれを確認した方が良いです。
 そうすることで、証言や証拠の見え方が変わってくるように思います。
 またワタシ自身は連日裁判に参加するという慣れない状況に、瞬間的に法廷で「座っているだけ」に
 なってしまったことがありました。
 それを防止する効果もあるのではないかと思います。

②時系列をしっかり把握すること
 証言や証拠に出てきた内容が時系列のどの段階でのことなのかをしっかり把握しておくことが
 とても大切だと感じました。
 特に評議に入ってから様々な情報を付き合わせて検討していく中で、非常に重要になってきます。

③質問は大事
 事件の内容にもよると思うのですが、事件当時に被告人が抱いていた感情が争点に絡んでいる時には、質問が特に重要です。
 初めての環境で質問をするのは勇気が居ることですが、その時には的外れに思えた質問が
 後々重要な証拠になることも有り得ます。
 怖がらずに、どんどん質問した方が良いです。
 もちろん質問の数が多ければ良いというわけではありませんが、少ないよりは良いと思います。
 ワタシが参加した裁判では最終の被告人質問の際に六人全員の裁判員それぞれが複数の質問をしました。
 裁判長によれば、私達は「質問が多い方」とのことでしたが「積極的に参加してもらってありがたい」とも
 仰っていました。
 なお、ワタシなりに考えた要領の良い質問の仕方はこちら を。

④チーム内の意思の疎通は大事
 無理にみんなで仲良くしましょうという話ではありません(仲が良いにこしたことはありませんが)。
 「子供じゃないんだから」と思うかもしれませんが、評議中に「~ということで良いですか?」と
 問いかけられたら「はい」「いいえ」を声に出して言った方が良いです。
 それによってお互いの考え方を認識し、自分の考え方と照らし合わせ、参考にして自分の判断に
 繋げることができます。
 もちろん、人それぞれの考え方に正解も間違いもありません。
 それ以外にも、評議の司会を務めて下さる裁判官の方が進行をしやすくなるということもあります。
 ワタシがお世話になった司会担当の裁判官の方はそういった時の一人一人の反応を
よく見て下さっていて、
 後になって「○○さん、あの時は××な感じでしたがいまはどうですか?」などとこちらが
 発言しやすいようにして下さっていました。

⑤恥ずかしがらない
 これはもう、ワタシ自身がそうだったのですが。
 忘れてしまったこと、話し合いのポイントがいま一つ理解できない時、言葉の意味がわからない時。
 そんな時には、恥を捨てて皆に訊いた方が良いです。
 わからないまま参加していたら被告人に申し訳ないということもありますし、なんと言っても
 すべてが終わってからの「やり切った」という満足感に浸ることができないと思います。

以上がワタシの感じたポイントです。

何かのご参考になれば嬉しく思います。

« 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 | トップページ | 裁判官というオシゴト~裁判員裁判-7 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6:

« 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 | トップページ | 裁判官というオシゴト~裁判員裁判-7 »