ご訪問ありがとうございます!


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 裁判員て何するの?~裁判員裁判-3 | トップページ | 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 »

2019年3月 7日 (木)

法廷での質問の要領~裁判員裁判-4

去る2019年2月から3月にかけての延べ10日間、裁判員として活動しました。

裁判員に選ばれてから裁判が終わるまでの流れや、裁判員を経験して感じたこと、また裁判官の方から
聞いた小ネタなどを数回に分けて自分用の記録として書き留めておくことにします。

ワタシ自身がそうであったように、自分が突然裁判員になることが決まり不安を感じている方、
また「裁判員とはどんな感じなんだろう」と思われている方などがこの記事にたどり着くことが
あるようでしたら、それはまた光栄なことだと感じます。

ただし。

ワタシの記憶違いなどにより細かな部分で若干の誤りなどがある可能性がありますので、
あくまでも参考程度にしていただくよう、お願いいたします。

なお裁判員裁判は一つのチームとして活動を行い、裁判官3名・裁判員6名(必要に応じじて補充裁判員数名)で構成されています。

今回は裁判員経験者として、法廷に出る際の実戦的なアドバイスを致します。

まず初めに。

ワタシは今回裁判員として裁判に参加し、法廷で質問をすることは非常に大切なことだと感じました。

なぜそう感じたかはこの記事の後半に書くことにして、様々な方々の質問を目の当たりにし、
ワタシなりにベターだと考えた要領の良い質問の仕方をまとめてみます。

まず初めに言っておきますと、初日に裁判所に行くと、担当する裁判の争点のポイントを
予め裁判所でまとめてくれてあります。

そのポイントを頭に入れたうえで、提示される証拠や証人・被告人の話を聞くことが大切です。

そのうえで被告人や証人の証言、提示されている証拠、他の人が行った質問のやりとりなど
疑問を抱いたすべてのことをメモに書きとめましょう(メモ用紙や付箋紙は裁判所が用意してくれてあります)。
 裁判では各方面の人達の発言などを非常にたくさんメモを取ることになります。
 そのメモの疑問を抱いた部分に色付けや下線などの目印を付け、疑問の内容を
別紙に具体的に記載しておくと後で見やすいと思います。
 もちろん質問に対する答えも忘れずにそこに書きこんでおいて下さい。

前置きが長くなりましたが。

ではまず、質問の時のポイントを。

ズバリ

質問は短く区切る。

です。

どんな感じかと言いますと…。

①まずは自分の疑問の基となった発言などの確認をし、被告人の返答を待つ
 「あなたは先ほど○○の時に××と言いましたね?」
 「先ほどの証拠では△△ということでしたが、間違いありませんか?」
 といった感じ。
 自分の聞き間違いなどを基に質問しても意味がありませんし、実際にあった
 発言や示された証拠などを相手が仮に否定すれば、それはそれでまた後の
 判断の材料となることもあるかもしれません。

②自分の疑問や意見を被告人に投げかける
 質問の答えが理解できない、つじつまが合わないなど。
 納得ができない時はさらに質問を続けた方が良いです。
 それが真相に近づくことになるかもしれませんし、被告人を救うことになるかもしれません。

③最終的に自分がどう理解したかを被告人に伝え、それで良いのか確認する
 「では、□□というこでよろしいですね?」
 など。
 ここまでする必要がないこともありますが、そこは状況判断で。

このような質問の仕方にすることで、質問内容がぼやけにくくなると思います。

なお、証言や証拠に挙がっていないことについて質問することも問題ありません。

実際にワタシは、証言・証拠に関係のない「被告人の人柄」について証人の方に質問してみました。

さて。

さきほど冒頭にて「法廷で質問をすることは非常に大切なことだと感じました」と
申し上げましたが、ここでそう感じた理由を。

一口に裁判員裁判と言っても、被告人が有罪か無罪かを決める(有罪なら量刑も決める)
量刑だけを決めるなど、色々なケースがあるようです。

しかしいずれの場合でも、裁判の結果が被告人の人生を左右するという事実に変わりはありません。

そのような重要な役割を任された以上、自分の中のモヤモヤを限りなく晴らしておくことは非常に大切だと感じました。

そしてそのモヤモヤを晴らすには、証人や被告人に自分の疑問をぶつける以外に方法はないのです。

ワタシ自身

こんな質問、しても良いのかな?

的外れな質問だったらカッコ悪いな。

と思ったりしましたが、誰かを中傷したりする内容でなければ、「してはいけない」質問はありません。

また、仮にその場では的外れな質問であったとしても、その的外れな質問についての答えが
後になって重要なモノになることもあります。

そして、先ほども言いましたが。

一つの質問が被告人を救うことになることになるかもしれないのです。

初めての体験、初めての場所、初対面の人達…。

そんな中で、初日からいきなりの質問の時間がやってきます。

緊張するなと言うのは無理な話です。

しかし。

質問する、裁判に「参加」する勇気を持つことはできると思います。

これから裁判員という役割を担う方々、どうか勇気を持って下さい。

その勇気が、裁判員を終えた時の「やり切った」という自信に繋がることにもなりますので。

« 裁判員て何するの?~裁判員裁判-3 | トップページ | 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 法廷での質問の要領~裁判員裁判-4:

« 裁判員て何するの?~裁判員裁判-3 | トップページ | 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5 »