ご訪問ありがとうございます!


2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 法廷での質問の要領~裁判員裁判-4 | トップページ | 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 »

2019年3月 7日 (木)

評議・評決って、何?~裁判員裁判-5

去る2019年2月から3月にかけての延べ10日間、裁判員として活動しました。

裁判員に選ばれてから裁判が終わるまでの流れや、裁判員を経験して感じたこと、また裁判官の方から
聞いた小ネタなどを数回に分けて自分用の記録として書き留めておくことにします。

ワタシ自身がそうであったように、自分が突然裁判員になることが決まり不安を感じている方、
また「裁判員とはどんな感じなんだろう」と思われている方などがこの記事にたどり着くことが
あるようでしたら、それはまた光栄なことだと感じます。

ただし。

ワタシの記憶違いなどにより細かな部分で若干の誤りなどがある可能性がありますので、
あくまでも参考程度にしていただくよう、お願いいたします。

なお裁判員裁判は一つのチームとして活動を行い、裁判官3名・裁判員6名(必要に応じじて補充裁判員数名)で構成されています。

さて。

前回までは裁判員としての法廷で経験することについて書きましたが、今回は控え室に
籠って行う評議と評決について書いてみます。

評議とは、法廷で明らかにされた証拠を基にして検察側の主張が正しいかどうか細かく
確認や検証を行い、判断する会議のことです。

例えば、起訴状に書かれている事件が発生した日についても、証拠としてそれが示されているか確認をします。

ワタシが経験した評議では、まずは事件発生前から事件発生までの時系列の整理が行われました。

その後に様々な場面での証拠の整理や推認を重ね…。

以下に「推認」について書きます。

内容はほぼ間違いはないと思うのですが、ワタシが解釈したことなので万が一間違っていたらお詫び申し上げます。

推認とは、言葉にすると「常識的に考えて間違いがないこと」です。

状況証拠の積み重ね、と言っても良いのかもしれません。、ハッキリとした直接的な証拠が無くても「推認」できる事柄は証拠として扱うことができます。

逆に言えば、直接的な証拠がない状況において「推認」が困難な事柄は証拠にはなりません。

推認を、大変幼稚な例で説明しますと。

例えば、出入り口が一つ窓が一つの部屋にAさんとBさんの二人がいます。

Aさんが部屋の外のトイレに行き部屋に戻るとBさんは居なくなっていて、机の上のコップが倒れて水浸しになっていました。

ここで「ああ、Bさんがコップを倒したんだな」と考えるのは「推認」ではなく、推測。

Aさんは事実を確認しようと思いBさんに尋ねましたが、Bさんは「やっていない」と言います。

では、他に誰かがやって来てコップを倒したのでしょうか?

Aさんは窓の向こうで野球をやっていた少年たちに、自分が留守にしていた間に誰かが
窓から出入りしたかを尋ねましたが「誰も出入りしていない」と言います。

調べてみると、出入り口に面する廊下には防犯カメラが付いていました。

Aさんは自分が部屋を出てから戻るまでの間の防犯カメラの映像を確認しましたが、
その間に廊下から部屋に出入りしたのはBさんだけでした。

こうなるともうBさんがコップを倒したことは「常識的に考えて間違いがない」。

つまり「推認」できるということです。

このようにしてコツコツと、裁判員なりの確認や検証をしていくわけです。

この評議の場では裁判官や補充裁判員の方々も含め、全員で活発に議論することが必要になります。

進行を含めて、いま話し合うべきポイントは何なのかなどは、裁判官の方が明確にしてくれます。

「私、人前で意見を述べるのは苦手なんです」という方も多いと思いますが、裁判官の方が
上手に話を振ってくれるので心配はいりません。

ワタシがお世話になった進行役の裁判官は、自分の意見を上手く表現できない人が居ても
その人が言いたいことを上手く汲み取って「それは○○で××ということですか?」とまとめて下さいました。

前の記事でも書きましたが、一人一人の意見に正解も間違いもなく、他の人の意見を聞いたうえで
自分の考えを変えることももちろん問題ありません。

思ったことや感じたことは、とにかくどんどん発言しましょう。

そして最後に、様々な証拠から検察の主張が正しいかどうかという「事実認定」を行う
「評決」と呼ばれる
多数決が行われます(裁判の内容により「量刑」のみの評決しかないこともあります)。

ただし、補充裁判員は評議には参加しますが、評決には参加できません。

つまり多数決は裁判官3名+裁判員6名、合計9名で行われるのです。

この「評決」で無罪になれば評議はこれでお終いですが、有罪となると量刑(懲役や罰金)を
決めることになります。

量刑の具体的な決め方ですが、これは守秘義務に関わる部分もありそうなのでなんとなく
書いておきます。

まず、裁判の最後に行われる論告にて「求刑」が示されます。

そのうえで、過去の似たような事件の際の「判決」の例を参考にして量刑について話し合い、決めます。

量刑の基本的な考え方としては「やった行為と見合った内容」とすることだそうで、難しく言うと「応報」だそうです。

その他にも本人の「更生」や「抑止力」なども加味されます。

とまあ、なんだか難しい言葉を並べてしまいましたが、その時々で裁判官の方々が
わかりやすく噛み砕いて説明してくれますので、心配はいりません。

評決の結果が、最終日に法廷で「判決」として言い渡されます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

通常の判決は、まずは主文として被告人に対し有罪か無罪かが言い渡されます。

有罪なら、併せて量刑も言い渡されます。

その後にその判決に至った経緯が述べられ、ワタシの時には最後に「説諭」というものがありました。

これは有罪になった被告人に対し裁判官や裁判員が伝えたいことを、代表して裁判長が
伝えるというものです。

各々が被告に伝えたいことは、評決の後に裁判長から訊かれ、それをうまくまとめて下さいました。

もうかなり前ですが、大きな交通事故の刑事裁判の最後に、裁判長がさだまさしさんの「償い」という曲を
引用したことが大きく報道されたことがありました。

あれがまさに、説諭です。

« 法廷での質問の要領~裁判員裁判-4 | トップページ | 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評議・評決って、何?~裁判員裁判-5:

« 法廷での質問の要領~裁判員裁判-4 | トップページ | 裁判員として大切なこと~裁判員裁判-6 »