ご訪問ありがとうございます!


2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 下血再び | トップページ | 夏の全国アリーナツアー2019 神奈川公演二日目 »

2019年6月23日 (日)

続・下血再び(再入院)

どうも。

昨日、延べ20日間の入院生活を終えた男・にゃん太郎です。

前回の更新でも書きましたが、退院当日の夕方に自宅で下血。

そして翌日に「前回の更新」をしたわけですが、その更新直後の昼にまた下血しまして。

結局イソイソとその日の午後に外来へ。

今日はそのお話。

診察室に入った直後。

先 生)出ちゃいました?

ワタシ)へい。

前日の夜・今日の昼とも食事直後に下血した旨を伝え

ワ) 食べなければ出ない気もするんですが…。

先) いやしかし、食べないなら点滴打たないと生きていけないでしょ。

ワ) ということは…。

先) 入院した方が良いと思うよ。

ワ) はははは(乾いた笑い)。

ということで。

そのまま一時帰宅して、昨日持ち帰った荷物をほぼそのまま手にして再度病院へ。

またしても点滴生活に。

一応、今回お世話になった先生方の名誉にかけて申し上げますが。

先の退院前日に血便はあったとはいえ、退院当日の自宅での下血までは一週間の下血なし。

ワタシ本人も四年半前の経験から、退院して自宅で様子見の判断は納得の上でのことです。

決して先生方の判断が誤りであったとは思えません。

で、話を戻すと同時に整理しますと。

結局下血があったのは、血便を除くと6月2日・3日・4日・12日(退院直後)・13日 。

そして6/13に再入院、と。

入院後は14日・15日と下血はなく、安心していた16日早朝に二度下血。

その後は本日23日までは下血なしという状況です。

前半の入院と今回の入院で少し変えてみたことは、食事。

前半は全粥からの退院でしたが、今回は先生にお願いして常食を6回食べてからの退院とさせてもらいました。

四年半前の帰宅直後の下血の際も全粥からの退院で、今回の前半後の下血も全粥からということで。

ゲン担ぎというよりは「帰宅後に常食を食べるとまた出るのではないか」という恐怖心と、少しでも病院に長く居ることで万が一の時でも
大丈夫という安心感を得るための策をとったというわけ。

そんなわけで、先にも書いたように延べ20日。

体力は低下はもちろんですが、体重は4㎏減。

その原因のほとんどは、筋肉の減少でして。

階段は昇るよりも降りる方が大変。

胡坐から立ち上がるのも、モモがプルプル。

会社には一週間強の猶予を貰っていますが、これ、元に戻るのでしょうか?

入院前は週に二度はランニングしていたわけですが、今の体でもちろんそんなことは無理。

今朝は近所を20分ほどウロウロ散歩。

休みの間は、この散歩時間を徐々に延ばしていくしかありませんな。

まあ、とりあえず焦らず頑張ります。

とにもかくにも、何年かは下血がありませんように…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

月初からの入院中は時間を持て余し、売店の本を買い漁りました。

以下、この20日間で読んだ本(順不同)。

・憲法主義~条文には書かれていない本質~  内山奈月 南野森 (自宅から持ち込み)

・鳩笛草/燔祭/朽ちてゆくまで  宮部みゆき

・日本人として知っておきたい神道と神社の秘密  神道と神社の歴史研究会

・さまよう刃  東野圭吾

・舟を編む  三浦しをん

・ロストケア  葉間中顕

・荒神  宮部みゆき

・罪の声  塩田武士

・ほかならぬ人へ  白石一文

・パラドックス13  東野圭吾

・最後の証人  柚月裕子

・梟の城  司馬遼太郎

・ルーズヴェルトゲーム  池井戸潤

・終わった人  内館牧子

・本所深川ふしぎ草紙  宮部みゆき

・東京すみっこご飯  成田名璃子

以上…、何冊?

16冊ですか。

まあ、よく読みましたね。

最後はもう、「読んでみようかな」と思える本が売店に無くなりましたから(笑)。

本題だけでいくらかかってるいるんだ?という話もありますが、そこはまあ考えないようにします。

 

« 下血再び | トップページ | 夏の全国アリーナツアー2019 神奈川公演二日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下血再び | トップページ | 夏の全国アリーナツアー2019 神奈川公演二日目 »