ご訪問ありがとうございます!


2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年を振り返る | トップページ

2020年2月13日 (木)

飛龍伝2020・東京公演千穐楽

どうも。

謎の三連休明けの男・にゃん太郎です。

頼んだわけでもないのに、三連休。

最終日は表題の観劇予定があったために泊まりで遠出というわけにもいかず、
基本的には酒浸りで過ごして終わりました。

我ながらもったいない…。

という事で、飛龍伝。

202001310004_ex

きっかけはまあ、写真を見ていただけばわかるように欅坂46の菅井友香さんが主演という事だったわけですが、
ワタシは幼少の頃から観劇はずいぶんしているわけで「たまには見てみようかな」と。

会場は新国立劇場の中劇場だったのですが、幸運にも前から5列目という席でしたので、役者さんの熱量が
ガンガンに伝わってきまして大変迫力がありました。

簡単に言うと「学生運動」のお話ですが、いくつか見たことがあるつかこうへい氏の舞台の中では
この作品が一番好みですね。

ただ、一つ感じたこと。

学生運動と言えば1960年代から1970年代の出来事。

1970年生まれのワタシでさえ、幼少の頃のテレビニュースでヘルメットを被った若者と機動隊が衝突している
映像を見たことがある程度の記憶しかありません。

昨日の観客の「ほとんど」と言っても過言ではない方々は、ワタシより年下。

「お話」としては分かっても、現実味はないんだろうと思いました。

そういう意味で

時代背景を背負った作品を長く上演し続けていく過程において、作家さんの本当に伝えたかったことを
いつまで伝え続けられるのだろうか?

と思いました。

しかしながらその反面。

自分の経験を振り返ると、10代の時に自身が観劇した「アンネの日記」は今でも鮮烈に印象に残っています。

それ故に

作家さんの意思とは違うモノでも観る側が何かを受け取れれば、それもまた「作品」の力なのだろう。

とも思います。

まあ、飛龍伝は「新劇」ではありませんのでね。

作品の内容は基本的に重たくても、時事ネタをふんだんに盛り込んだり、ゲストが無茶ブリをやらされたりと
笑いどころも充分ありました。

そして何より、役者さんたちのこの作品への思いと舞台への執念が伝わってくる素晴らしい舞台でした。

最近は観劇というともっぱらミュージカルばかりのワタシですが、きっかけはどうあれ、
たまには「芝居」というのも悪くありませんね(飛龍伝は歌や踊りが若干ありますが)。

また機会を見つけて観たいですね、芝居。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

冒頭のダンスで菅井さんが「二人セゾン」のフリをさりげなく使ったところでニヤリとしました(笑)。

« 2019年を振り返る | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年を振り返る | トップページ