ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

動画

2016年7月11日 (月)

時代の流れ

どうも。

カーステレオを新調した男・にゃん太郎です。

今日はその流れからの、せきぐちゆきさんのお話。

続きを読む "時代の流れ" »

2014年5月 9日 (金)

仙台市若林区復興の軌跡

どうも。
田植え直後の田んぼに景色が映り込む風景が大好きな男・にゃん太郎です。

ワタシが通っていた若林区でもそろそろそんな景色が広がるのだろうと想像する毎日。

ということで、一日も早い「復興」を祈りつつ今日は表題の内容の動画をアップ。

興味のある方はご覧下さい。

続きを読む "仙台市若林区復興の軌跡" »

2013年8月25日 (日)

よつぼくん

どうも。
さっさと夏が終わってほしい男・にゃん太郎です。

いいかげん、暑いの終了して下さい。

さて。
そうは言っても間もなく8月も終わり。

そんなわけで我が街・四街道では、夏休み終盤を告げる「ふるさと祭り」が昨日今日と
開催されています。

で、今日は。
そのお祭りで初めて知った、四街道市のゆるきゃらのお話を。

続きを読む "よつぼくん" »

2013年7月28日 (日)

初の決勝戦観戦

どうも。
夏風邪のようで喉が痛くて仕方がない男・にゃん太郎です。

さて。
前の記事でもチョロリと触れたように、ここ数年のワタシの夏の風物詩、楽しみと言えば
高校野球千葉県大会の生観戦。

今回は幸運にも昨日足を運ぶことができた、人生初の決勝戦観戦のお話を。

続きを読む "初の決勝戦観戦" »

2013年6月24日 (月)

せきぐちゆきさん新譜情報

どうも。
掃除中に頭をぶつけて数十年ぶりにタンコブができている男・にゃん太郎です。

さて。
今日は久々に我が歌姫せきぐちゆき」さんのお話を。

最近はライヴに行くこともできずすっかりご無沙汰をしてしまっていますが、
ファン熱が冷めたわけではありません。

ええ、決して!

その「せきぐちゆき」さんのニューシングルが6月5日に発売されております!

今回は…。

「あなたが教えてくれたこと」がNACK5のスポーツ番組イメージソング」&
「SUNDAY LIONS」のエンディングテーマ
になっており、さらにもう一曲の
「渡良瀬の夢」は田中正造氏没後100年記念事業の一つである「田中正造 未来への大行進」のテーマ曲
なっておりまして、いわゆる一つの両A面!!(という言い方は最近しないのかな??)

先日会社の同僚に

にゃん太郎さんが好きな歌手の人の曲、NACK5でかかってましたよ。

と言われまして、ファンとして大変嬉しくなりました(*^。^*)

そんなわけで。

この記事をご覧いただいたあなた様、「渡良瀬の夢」のPVをばどうぞ~。

2013年6月 9日 (日)

あっとおどろくためごろう

どうも。
本日のせきぐちゆきさんのレコ発ライヴに金欠で行かれない男・にゃん太郎です。

43歳にもなってチケット代3,500円をケチらないといけない人生を送るとはとは
思ってもいませんでした(苦笑)。

さて、そんな43歳。

今日はあえてこの歳で、昨日のAKB48総選挙のお話を。

呆れてしまった方、本日はさよーなら(笑)。

続きを読む "あっとおどろくためごろう" »

2013年3月19日 (火)

千葉のゆるきゃら

どうも。
先日の千葉県知事選挙の投票率の低さにビックリ仰天の男・にゃん太郎です。

さて。
今日はホントに軽~く、その千葉県のゆるキャラの話。

続きを読む "千葉のゆるきゃら" »

2013年2月11日 (月)

これでよし

どうも。
花粉症の症状がいよいよ本格化した男・にゃん太郎です。

さて。
今日は、小学校時代の校内放送にまつわるお話。

続きを読む "これでよし" »

2012年11月11日 (日)

りるまぁと

どうも。
休日朝の一走りを終えた男・にゃん太郎です。

さて。
今日のネタも、最近多い仙台市若林区の震災復興支援サークル「ReRoots」さん絡みです。

このReRootsさんが昨日、仙台朝市に「りるまぁと」というお店をオープンしました!

営業は毎週土曜日の9時~16時。

仙台に観光に行かれた際には、ぜひ足をお運び下さい!

ということで、まずはその話題が取り上げられたニュースをご覧下さい。

続きを読む "りるまぁと" »

2012年9月30日 (日)

いつまでも

どうも。
明日から8連勤務の男・にゃん太郎です。

8連勤務明けの休みは仙台・ReRootsさんなので、それを楽しみに頑張ります!

さて。
今日は午後から「NHK全国学校音楽コンクール(通称Nコン)」の関東甲信越ブロックの
放送を見ました。

「およげ!たいやきくん」の後、合唱曲を聴いて幼少期を過ごしたワタシ。

小学校低学年からNコンの放送は見ておりまして、しばらくは見ない時期もあったものの
年齢を重ねるにつれてその見方が変わってきました。

幼少期は憧れ、小・中学校は曲の勉強、高校・大学時代は演奏レベルの勉強。

社会に出てからはご無沙汰していましたが、今の仕事に就いてからたまたまタイミング良く
見る機会に恵まれまして、今では演奏内容に加えて、若者が頑張る姿にエールを
送る気持ちが強くなっています。

そんな「親目線」となった傍らで、若人が奏でるハーモニーに胸を熱くし、聞くごとに「あの頃の自分」に
戻ることも、また事実。

それとは直接関係はありませんが。

先日、ある友人から

君はいつまで経っても思春期だな

と、半ば笑われるメールをもらいました。

ま。

悪く言えば「成長しないな」ということですね。

10年前のワタシならこの言葉にカチンときたところでしょうが。

今は

どうせだから、いつまでも「成長しない」で「思春期」でいてやろう

と思います。

これはあくまでも自論ですが。

「思春期」でいるのは、やはり子供がおらず、結婚も経験せず、家庭を持っていないからだと思うのです(経験値不足の言い訳かもしれません)。

以前はそれを負い目に思っていましたが、それならそれで、そういうオジサン(オバサン)しか
できない生き方もあるわけで、それはある意味で一つの「特権」であると今は思うのです。

なので、これからワタシはその「特権」を活かしたうえで、オッサンの一員、
大人の一員として生きていきます。

と、ゆーことで。

「思春期」真っ只中のオッサンがキューーーーンとした、映像を。

2009年のNコン中学校の部の課題曲「YELL」と「秒速5センチメートル」のコラボレーション。

演奏は全国大会で金賞を取った「郡山第二中学校」。

中学生のレベルを逸脱した演奏と、思春期の揺れる思いを美しく描いている映像の
競演が実に切ないです。

笑われても、こんな気持ちを抱いて、ずっと生きて行きたい。