ご訪問ありがとうございます!


最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

仕事

2011年11月 8日 (火)

目が、目が~(ムスカ風に)

どうも。
歯の定期健診で女医さんに「頑張ってますね~」と褒められて上機嫌の男・にゃん太郎です(デレデレ)。

さて。
今日は先週土曜日に起きた出来事を。

ワタシはこの日乗務でした。

時は13時前。

天気は曇でしたが乾いた空気の中、成田の運送屋さんに向かうために片側一車線にしては
広めの道路を、ワタシは窓を全開にして走っていました。

と、その時。

ば ぎ ゃ っ ! ! !

というなんともいえない音がし、その次の瞬間、ワタシは粉々に砕けたサイドミラーの破片に
まみれていました。

どうやらすれ違い様に、対向車線のダ○プとミラー同士が接触した模様。

ミラー同士がぶつかる事故はままあることなのですが、このような広い道路で
起きることは稀。

自分でもなぜこんな事故が起きたのかわからず、キツネにつままれたような気持で
車を停めて、まずは車を降りました。

が。
お互いに60km/h近いスピードで走っていたので、相手のダ○プは200m近く先に
停まっており、歩いていくのは一苦労。
かといって、こちらはトレーラーなのでバックして行くのも大変です。

仕方なく100mくらい走って行くと、相手のダ○プがノロノロとバックを始め、
路地にお尻を入れてUターン。

こちらに向ってユルユルと走ってきました。

が。
なんと言っても相手はダ○プ。

来てくれるのは良いけど、オッカナソウなオッサンだったらイヤだなあ

と思っていると、なんとドライバーは女性。

女 性) 大丈夫です?

ワタシ) ええ、そちらは?

女) いや、別に。
    とりあえず、工業団地の道路に入ってもらえます?

ワ) はい。

ということで、ワタシが車を停めた先にあるT字路を曲がり、2台で停車。

で、まあ。
お互いにミラーの損傷だけだったので、保険など使わず実費で交換した方が安上がり。
警察を呼ぶのはやめようかという話になったのですが…。

ワタシこの時に、左目に強い違和感がありまして。

見た目はまったく問題なかったのですが、どうもミラーの破片が目の中に入っているようでした。

どうにもイヤな感触だったのですが、出血があるわけでも無いので救急車を呼ぶのも妙ですし、
かといって医者に行かなくて良い感じでもない。

このままバイバイで、万が一、後になって視力低下したりしたら困るな。
となると、とりあえず事故を起こした証拠を残しておかないとイカンから、やっぱ警察か…。

と考えて、相手に事情を説明すると快く応じてくれました。

そんなわけで110番。

警察が来るまでの間はお互いの連絡先を教えあった後、雑談をしていました。

以下、その内容の一部。

女) 朝早いんです?

ワ) 今朝は三時過ぎに出庫ですね。
   そちらは今日、まだ何回か残ってるんです?

女) ええ、まだ四回。

ワ) 四回!?
   そりゃあなんというか、大変というか、申し訳ないというか…。

女) いや、まあ、仕方ないですね。
   そちらはあと何回?

ワ) あ、ワタシはこれで成田行ってお終い。

女) あ、そうんだ?
   スタンド?

ワ) いや、運送屋さん。

女) へー。
   けん引の危険物だから、給料良いんでしょ?

ワ) いやいや、年収500いけば良い方ですね。

女) あら。

…。

などという感じ。

大変良識的な方で本当に助かったのですがね。

現場の通りは、お互いの仲間がジャンジャン走る道。

事故処理中丸出しのワタシ達は、あたかも晒し者のようです。

そんな状況下、相手のドライバーさんが女性ということもあってか、お仲間がやって来るやって来る。

その度にダ○プから迫力のある方々が降りてきまして。

おう、なじゃい、どっちが悪いんじゃ!?

的なことに。

その都度相手の方が事情を説明してくれてやっかいなことにはなりませんでしたが、
お仲間が引き上げる時に、心なしか睨まれるという…。

そんななんとも居心地の悪い中、40分ほどしてようやく警察が登場。

警察) え~と、なに?
     ミラーだけ?

女) ええ。

警) なに?
   これなら保険使わん方が良いでしょうに。

ワ) いや、実は、ワタシの目の中にどうも破片が入っているようでして。

警) あ?
   じゃ、人身じゃん。それじゃオレには処理できないよ。

ワ) やっぱ、そうなっちゃいます?

警) そりゃそうよ、だって医者行くんでしょ?

まじか。
人身扱いなんかにしたら、現場検証とか面倒だなあ。

警) 呼ぶ呼ぶ、人身の人。

ワ) あー、チョト待った!
   行かない、行かない。医者行かない。

警) だってオレ聞いちゃったもん、医者行くって。

ワ) イヤ、イイ、イイ。
   人身になんかしちゃったら、後日検証とかで、面倒でしょ?

警) うん。
   また二人揃って来てもらうようになるね、車も一緒に。

女) 車も一緒に!?

ワ) あー。
   もう、全然大丈夫。
   目、なんともない!!

しーん…。

警) ま、そこまで言うなら、聞かなかったことにしておくよ。
   じゃ、物損扱いで良いのね?

ワ) ぜひ!!

…。

警) で?
    どっちがはみ出したの?

女) さあ?

警) は?

ワ) 当たった理由がわからんのです。

警) は??
    だって、どちらかがはみ出なきゃ当たらんでしょう?

ワ) いや、たぶん、どちらもはみ出していなかったと…。

女) そう。
   なんで当たったかわからない。

警) は???

そんなかんじで一通りの手続きを終了。

警) まああれよ。
   なんかよくわからんけど、医者は行った方が良いよ。
   どうしてもの時は、後から人身に切り替えられるし。
   ま、その時はまた検証あるけど。

ということで、警察は退散。

ワ) 面倒だから、よほどのことがない限り人身にしませんから。

女) じゃ、お互いに気をつけましょう。

解散!

この後ワタシは右のミラー無しで配送先に向かったのですが、当たり前ですが右後方は
まったくの死角。

普段後方の確認のほとんどを右ミラーでしているワタシにとって、これはもう致命的。

そこに加えて左目の違和感は強まるばかりで踏んだり蹴ったり。

なんとか無事に車庫に着いたワタシは、破片まみれの車内の掃除もせずに慌てて
眼科に向いました。

で、眼科にて。

問診表に「違和感あり」。
その原因に「車のミラーの破片が目に入った」。

と。

ところが診察してくれた女医さん。

先 生) え~と。
      「車のバックミラーに目をぶつけた」と。

ワタシ) いや…。
      カクカクシカジカで、破片が目に入ったんですが…。

先) あ、そいうこと?
   じゃ、ちょっと目の中を診て見ましょう。

ワ) はい。

先) はいじゃあ、上の瞼をめくりまーす。(が失敗)

あ、イタ。(心の叫び)

先) あら?めくりま…(また失敗)

イタタ…!

先) あ?めくり…(更に失敗)

イタタタタタ!!

先) めくりまーーーーす(力任せ)

うぎゃーーーーーーーーっ!

先生、めくるの下手すぎですから!!

で、その後。
光を当てられたり機械で覗かれたりした結果。

先) 破片はありませんが、角膜に大きな傷ができてますね~。

ワ) はぁ。

先) とりあえず、目薬と軟膏を塗っておきましょう。

ワ) はい、お願いします。

…。

……?

ん?

軟膏??

目玉に???

先) ちょと目の前がぼやけますけど、大丈夫ですから。

ということで、ぶにゅーっと塗られて、もやーっとなりました。

車で行かなくて良かった…。

ちなみにこの軟膏の処方を受けまして、毎日寝る前に自分で塗っています。

綿棒につけた軟膏をアカンベーをした下瞼にグリグリ塗って目を閉じる、というか
そのまま寝れば完了です。

そんなこんなで、あれから三日。

違和感は無くなりましたが、たまに痛みがあります。

あ。

もちろん人身扱いなんぞにはしませんよ。

めんどーはイヤですし、そんな大げさなものでも無いですからね。

2011年10月 6日 (木)

夏から秋へのetc.

どうも。
金木犀の甘い香りにおセンチな気分になる男・にゃん太郎です。

さて。
今日は久々に会社ネタ。

ここ二ヶ月ほど少々ドタバタしている弊社のお話をご紹介します。

まずは、8月11日のお話。

この日ワタシは乗務。
出勤時間は4時で内勤の時よりも一時間遅いので、のんびりムードで出勤しました。

通常この時間に出勤しますと、すでにほとんどのトラックが出払い車庫の中はガランとした
感じなのですが、この日は全車が停まったまま。

はて?
今日は皆、出勤時間が遅いのだろうか?

と思いながら車を降りてみると、事務所の明かりの中には何人もの同僚の姿が。

ははぁ。
さては内勤の人が遅刻して、みんな出て行かれないんだな…。

などと想像を膨らませながら事務所に入ると、何やら皆、ハイテンション。

以下、当時の会話(要約)。

同 僚) にゃん太郎さん、今日は何号車ですか?

ワタシ) ん?
     ○○号車。

同) あ。
   アウトです(笑)。

ワ) は?

同) バッテリー盗まれて、エンジンかからないです(笑)。

ワ) はい??

この日三時半出勤の人達が出発しようとしたところ、弊社トラック10台のうち
3台のトラックのバッテリーが盗まれていることが発覚。

エンジンルームの中にあるバッテリーが盗まれるとは、どういうこと?

と思われる方も多いかもしれませんが、トラックのバッテリーは外側に着いていて
それに簡単なフタがしてあるだけなのです。

で。
盗まれたこと自体困ったことなのですが、これがさらにタチが悪くてですね。

配線とバッテリーを繋ぐ金具を外して本体を持っていっかれていれば新しいバッテリーを
付ければ済むのですが、こちらの事情などお構い無しの犯人達は、配線をブッツリと
切って持っていっていたものですからもう大変でした。

当日はこの後警察が来たり、「今日の仕事どうすんの?」的なことでバタバタしたのですが、
それはたいしておもしろくない話なので割愛。

さて。
こうなると「なにか防犯対策をしなければ」となるのが世の必定。

ご多分に漏れず弊社もそうなりまして、所長は頭を抱え込む日々。

年のため弊社周辺の見取り図を書きますと

Cocolog_oekaki_2011_10_06_13_31_2  

 
こちら。

 

 
あれ?
小さいですね…。

これまでの「防犯」については左右は隣り敷地の間にフェンスがあり、表通り側は
ロープを張るだけ。
裏の芝生側は弊社敷地より70cmほど低いので、そこに土止めのコンクリートを使った
段差あり。
ちなみに芝生と裏通りの間は出入り自由です。

防犯で手っ取り早いのはセキュリーティーを入れること。

しかしそれには初期投資だけでなくランニングコストもかかり、さらに調べたところ
警備員急行まで30分近くかかるとのこと。

そんなに時間がかかるのではあまり意味が無いのではないかということで、
行き詰った所長はワタシに知恵を出すよう要求。

ワタシの知恵

① 敷地内をくまなく歩けるほどの長いロープを張り、ドーベルマンを飼う。

② 逆転の発想で、今まで張っていた表側のロープを張らずに帰る。
   (ロープが張ってあると、その間に人の出入りが無いことが丸わかり
)

ワタシはいたって真面目に答えたのですが、所長はお気に召さなかったようで
失笑どころか無反応。

そんなにダメ?

そして事件発生から一ヶ月弱。

本社と所長でなんやかんやと揉めた後、最終的に

芝生との境にフェンスを張り、表通り側のフェンスも新しく張り替える。

という結論に。

隣の芝生でくつろぐことが内勤時の秘かな楽しみだったワタシにとって、これは一大事。

そんなことしたら、芝生に行かれなくなるじゃないですか!

とワタシは必死にアピールするも所長は耳を傾けてくれず、めでたくフェンスが工事が
完了したのは9月15日。

やれやれこれで一安心

と所長は安堵するも、18日(日)の朝。

休みの朝をのんびりと過ごすワタシの下に、驚きのメールが。

今 度 は タ イ ヤ が 盗 ま れ ま し た 。

…。

(・o・) ポカーン

いやー、スゴイッす。

あ。
念のために言っておきますが、トラックに着いていたタイヤが盗まれたわけではありません。

盗まれたのは倉庫代わりに使っているコンテナにしまってあったタイヤ。

同一犯なのかは不明ですが、南京錠で施錠してあったコンテナはそのカギを切断し、
簡単な住宅用の扉を着けたコンテナはその扉のカギを要領良く壊して。

推定そう長く無い時間でトラック用の重たいタイヤを20本も持って行くには
綿密な下見とチームワークが必要でしょう。

ということは、ですよ。

三日間に渡ったフェンス工事もどこかで観察していたであろうことは容易に想像でき、

あんなことしても無駄なのになぁ…

と思われていたのかと思うと、情け無いやら恥ずかしいやら。

先のバッテリー盗難から「傍観者」的スタンスだったワタシでさえ結構な衝撃だったの
ですから、「当事者」だった所長のショックは相当なものだったことでしょう。

そして。
そんな騒ぎにに紛れるように、乗務員(ワタシも含めて)に直接関係する「Bigなヤツ」が
我が車庫にやって来ました。

そいつの積載数量は26KL。
全長は16.5m。

Shinmaywatl00

 

無許可で公道を走れる車としては最も長いヤツ。
(写真は弊社の車ではありません)

 
同業他社の同系の車は見慣れているのですが、公道や積み場などの広い場所で
見るのと違い、車庫で見るとデカイのなんの。

ワタシを含む古株3人は以前

Trailer5  

 

海上コンテナに乗ったことがあるので
(写真は弊社の車ではありません) 

 

 
それでもそんなに驚かなかったのですが、それ以外の同僚達へのインパクトは
かなりのものだったよう。

運転を辞退する者二名、「時期尚早」との所長の判断で乗務延期となる者二名、
渋々乗務する者…、ほとんど。

そんな状況下、昨日・一昨日とワタクシたっぷりと乗務してきましたが…。

いやー、なかなか。

明るい時は良いのですがね。
昨日の日没後は強い雨で視界も悪く、正直なとこ、しんどかったです。

ちょっと専門的な話になりますが。
海上コンテナよりもホイールベース(車を横から見た時のタイヤとタイヤの間隔)が
長いのですよ。

まあ、タイヤ一個分くらいなのですが、この一個分がなかなか…。

いやもちろん、こういうのに乗りたくてこういう仕事を始めたので、もちろんワクワクもしますし、
「乗ってる」という実感、喜びも大きいのですよ。

しかしこの二日の感想としては、喜び10に対し、しんどさ8くらいでした。

バックはやりやすいんですけどね~。

ま。

これが今年の晩夏から初秋にかけてのお話です。

オチもなければ楽しさもありませんが、お付き合い頂いた方、ありがとうございますm(__)m

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

秋ですね~。

Img_0189  

 

 

 

 

 
  

Img_0192  

 

 

 

 

  
 

Img_0197

2011年3月24日 (木)

動きませんな。

動きませんな。

積み場を出たのは4時40分。
そしてただいま、8時16分。

震災の影響で、普段は行かない常磐自動車道の北茨城インターに向かっています。

が、途中が事故で通行止。
現在、日立南インターでの強制流失渋滞に捕まっていますが、まったく動く気配がありません。

「出口渋滞 1km 80分」の表示に嘘はなさそう。

ちなみにワタシ。
出口まで1km地点まで行っていませんが、何か?

いわきナンバーの乗用車がトイレットペーパー等を一杯に積んで走っています。
胸が詰まりますね…。

2011年1月29日 (土)

さむ

さむ

どうも。
宇都宮市・平出工業団地交差点なうの、にゃん太郎です。

さっきまで1℃代でしたが、ようやく2℃を超えてきました。

すでに11時を回っているのですが、寒いですね。

雪を頂いた峰々が、とてもきれいです。

2011年1月 2日 (日)

賀正

賀正

明けましておめでとうございます。

皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。

新年早々愚痴で申し訳ありませんが。

休みのはずだった本日、甚だ不本意ながら仕事中です。

仕事があることはありがたいことだと承知していますが、
今日出勤と決まるまでの過程が悪く、気分は最悪。

本厄の今年を象徴するかのような幕開けです。

2010年6月23日 (水)

二年に一度のお約束

どうも。
飲み屋の襖に挟んだ親指が痛み続けている男・にゃん太郎です。

さて。
昨日は二年に一度の「適性診断」を受けてきました。

適性診断とは何ぞや?

と思われた方は、二年前のこちらの記事の下段をお読みになって下さいね。

で。

毎度のことながら、

こんなことで適性なんかわかるのかね~。 (ー.ー") ンー

と半信半疑での受診。

診断機関が事業仕分けの対象になっただけに、今回は余計に疑心が…。

そんな適性診断。

どんなことがわかるのよ?

と思われる方もいるかと思うので、きょうはその診断票を公開してしまいます。

ちょっと見づらいかもしれませんが、ご容赦を。

Img_4650  

 

 

 

 

 

 

 
 
 

Img_4651  

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_4652  

 

 

 

 

 

 

 
 
 

Img_4653  

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。

協調性が前回より悪いのは、

横断歩道以外の場所を渡る歩行者は車にはねられても仕方がない

的な設問に

かなりそう思う

と答えたせいでしょうか…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

二年前までは「一般診断」は義務でなかったと思うのですが、
どうやら現在は義務化されているようです。

2008年12月10日 (水)

腹減った…

腹減った…
どうも。
散髪に行きたくてたまらない男・にゃん太郎です。

ただいま零時過ぎ。
鹿島の出荷基地で待機中です。

そそられる自動販売機があったので、パシャリ。

2008年10月24日 (金)

薄給

どうも。
本日振り込んで頂ける給料の明細を見て目がテンになった男・にゃん太郎です。

はい。
表題からお察し頂きましたとおり、給料激減です。

手取りで○8万円台です。
○は、0を除いた最小の数字。
もちろん給料からは社会保険や税金しか引かれておりません。
今の仕事に就いてからの最低記録更新です。

我が社の給料体系は「基本給+自分が運んだ荷物の運賃の一部+残業代」。
ワタシの場合乗務時は上記の計算ですが、内勤時は「自分が運んだ荷物」が無いので
「基本給+内勤時の車庫の平均運賃の一部×1.04(だったと思う)+残業代」。

ま。
当然ながら仕事が減れば給料は減るわけですね。

先月は仕事がとにかく暇でして、わずか8台しかないトラックが、ほぼ毎日1台は
止まりまして、多い時には半分止まる事もありました。
そうなると当然人が余ることになり、誰かが有給休暇で休まなければならなくなります。
勤労意欲の少ないワタシは、その度に立候補して休んだ結果、出勤日数は18日。

今になって、率先して(?)休んだことを少々後悔しています。

あ、ちなみに。
有給休暇中は「運賃」が発生しないのでその日の実質給料は0円です。
内勤時の有給中ももちろん同じです。

じゃ、何のための有給よ?

という話なのですが、結局は「欠勤」にならないための有給なのですね。
「欠勤」になると、わずか12万円少々の基本給も削られるのです。

いや~、しかしですよ。

働きたくても仕事が見つからない人がたくさんいることは知っています。
もっと過酷な労働でワタシより給料の少ない人もたくさんいることでしょう。

それを承知の上で、正直に本音を言わせていただきますと。

 「38歳、男、正社員」でこの給料は、どうなのよ…?

チョット稼いでいるアルバイトの学生さんに負けてますよね、たぶん。
もちろん社会保険などの恩恵を受けているという強みは承知していますが。

① 仕事が少なく車が動かない
② 車が動いても、動いている車の仕事内容が薄い
③ 仕事が薄いので残業がほぼゼロ。

上記の現実は、我々末端社員にはどうしようもできないことですからねぇ。
油以外の仕事を真剣に探すとか、会社に何か対策を打っていただかないと。

まあ、この仕事は自分がやりたくて選んだ仕事ですし、誇りも持っています。
誰を恨むつもりも文句を言うつもりもありませんが、色々考えてしまいますよね~。

と、書いている今日。
実はまた、仕事が無くてお休みなのです。

これで今月の出勤日数は多くても17日となることが確定なので、
次回の明細は更に寒~い物となりそうです…。

2008年10月 1日 (水)

ぐだ〜

ぐだ〜
どうも。
無事に親孝行を終えて脱力状態の男・にゃん太郎です。

そんな本日は乗務。
ただいま古河・結城の仕事をこなし、積み場に向かって走行中。

とりあえずお腹が空いたので、旧関宿町の「山○うどん」で食事中です。

写真はカレー南蛮そばとミニ豚丼。
締めて690円なり。

今日はこの後、市原に戻って積み込んで我孫子に向かいます。

現在10時53分。
帰りは結構いい時間になってしまいそうですね…。

う〜、かったるいです…。

あ、ちなみにワタシ。
うどんより、断然そば派です。

あれ?
いつかも書きましたかね(笑)?

2008年9月26日 (金)

休憩中

休憩中
どうも。
ただいま昼食中の男・にゃん太郎です。

10年ぶりくらいで、館山自動車道上り市原サービスエリアに立ち寄っています。
下りはたまに利用するのですがね。
上りを走る時は荷を積んでいるため、なんとなーく車を離れるのが不安なのです。だから足が遠のく…、と。

写真は山菜そばとミニかき揚げ丼。
660円なりを、他のお客さんからは一番離れた場所で食べています。
なぜなら、我ながらあまりにも汗くさいから(笑)。
油断して着替えを忘れたのです。

今から西○運輸の船橋支店さんに向かいます。
いってきまーす。

より以前の記事一覧